インプラント小冊子お申し込みフォーム


オリジナル インプラント小冊子 無料進呈中!

implantbooks

「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」これらの3つの治療方法は、治療した時点において「噛めるようにする」という意味からすれば、どれも正解です。しかしその先、数年~10数年の間に大きな違いが出るという事が重要なポイントです。
ブリッジも入れ歯も、それを維持するために支えになる歯に大きな負担がかかり、その結果として支えになった歯を失った(抜歯になる)症例を私達は数多く見てきました。
長い目で見て、自分自身の歯をできるだけ多く残すことが快適な食生活、そして消化器系への負担軽減という全身の健康につながるのです。可能ならばインプラントを最優先に考えるのが良いでしょう。

詳しくは、オリジナルのインプラント小冊子をご覧ください。
インプラントメーカーの冊子のような機能の説明ではなく、インプラントがなぜ必要なのか?どう考えれば良いのか?を理念と経験に基づいて、患者様に向けて作成した小冊子です。

お名前 (必須)
フリガナ (必須)
電話番号 (必須)
郵便番号 (必須)
住所 (必須)
メールアドレス (必須)