スタッフ


歯科医師

野見山 潤(歯科医師)

DSC_6759

勤務

飯田橋内科歯科クリニック

鈴木ビル歯科

出身大学

鶴見大学

卒業年月日

平成21年3月

専門

患者様へのメッセージ

来院される皆様にできる限りわかりやすく説明をし、相談をしながら納得をして頂き診療をすることを心がけ、診療時の不安を出来るだけ和らげていけるよう努力しております。
患者様の歯の痛みや苦しみを取り除き、いつまでも歯が健康で、美味しいものが食べられるようお手伝いしていければと考えております。

四方田 拓(歯科医師)

dsc_9480

出身大学

日本歯科大学

専門・所属

日本歯科保存学会 認定医
日本歯内療法学会 会員

患者様へのメッセージ

患者様の大切な歯だけではなく歯の中の神経1本から残す歯内療法をはじめ、歯を抜かずに保存していく治療を心掛けております。
毎日の食事で大切な歯を守りたいと思いますので困った事があればお気軽にぜひご相談ください。

吉見 浩平(歯科医師)

dsc_9586

出身大学

日本歯科大学

専門・所属

日本歯科保存学会
日本歯周病学会

患者様へのメッセージ

来院される患者様のお話を充分にお伺いすることを最優先に考え、その上で患者様に最適な治療方法をご提案しています。
不安や疑問等ありましたらなんでもお聞きください。

末吉 正幸(歯科医師)

DSC_6785

勤務

飯田橋内科歯科クリニック

出身大学

長崎大学歯学部

卒業年月日

平成元年卒

専門

歯科医師、あん摩・マッサージ指圧師

所属学術団体など

歯科理工学会、接着歯学会、障害者歯科学会、日本むし歯予防フッ素推進協議会、ウォーターフロリデーションファンド、国際空手極真会館マウスガード協力歯科医

患者様へのメッセージ

予防は最良の医療であるとの信念で、虫歯予防や、歯周病予防に力を入れた診療を行っております。また体のバランスを考えた診療をモットーにこれからも精進したいと思っています。好きな言葉「医は仁術である。」

山崎 喜典(歯科医師)

DSC_6719

勤務

鈴木ビル歯科

出身大学

日本歯科大学生命歯学部

卒業年月日

昭和63年3月

専門

患者様へのメッセージ

鈴木ビル歯科医院では、「患者様に喜ばれる、アットホームな歯科医院」をモットーにしております。
歯科治療の第一歩は、患者様ご自身がまずご自分のお口の中の状態を知ることからです。
その上で、患者様が安心して診療を受けることが出来るよう、心地良い環境づくりに、スタッフ一同心がけております。

酒井 秀彰(歯科医師)

Dr酒井

出身大学

日本大学歯学部
昭和大学大学院博士課程修了

卒業年月日

専門

歯列矯正

日本矯正歯科学会認定医
日本臨床矯正歯科医会会員

患者様へのメッセージ

矯正歯科学会認定医と小児歯科学会認定によるきめ細かい対応により、より良いアゴと歯列の発育を目指します。
成人の場合は、すでに成長が完了している事や、むし歯や歯周病で歯を失っている等の状況により条件が厳しくなります。
しかし、しっかり噛めて美味しく食べられ、笑顔あふれる豊かな人生を送るお手伝いができればと考えております。
低年齢から発育を観察させていただいています。歯磨きの方法から、食事のことや生活習慣へのアドバイスまで。装置が必要な場合は、無理なく効率よくを心がけております。
そして常に、自分の子供だったら…家族だったら…の思いで治療させていただいております。

山下 礼華(矯正医)

DSC_0011

勤務

鈴木ビル歯科

出身大学

松本歯科大学

卒業年月日

専門

矯正歯科
日本矯正歯科学会会員 認定医
日本成人歯科学会会員
東京矯正歯科学会会員

患者様へのメッセージ

はじめまして。矯正医の山下です。
皆さまが治療に来ることが楽しみになるような診療を心がけております。
矯正とは見た目をキレイにするだけのものではありません。
噛み合わせが悪いと、咬む力が均等に分散されず特定の歯に負担がかかり歯の寿命を短くしたり、顎関節症を引き起こしたり、体の重心バランスが崩れ、体の歪みに繋がることや頭痛、肩こりを増強させたり、その他全身に悪影響を及ぼすことがあります。
歯並びを見た目だけキレイにするのではなく、一生のことを考え、噛み合わせを整え、歯の健康さらには体の健康をより良い状態で維持していただきたいと考えております。

歯科衛生士

山崎

託摩

手技運動療法科(飯田橋内科歯科クリニック)

主任:寺田 和成

なぜ痛くなったのか。痛みはどこからきているのか。どのようにしたら楽になるのか。
など患者さんの痛みの悩みは尽きないと思います。その悩みを少しでも改善していけるように、症状に合わせた施術やアドバイスをするように心掛けています。
しかし、痛みを治すためには腰回し運動など患者さんの努力も必要です。
痛みが消え笑顔が戻るように私も全力でサポートしますので一緒に頑張っていきましょう。

岡田 一夫

身体じゅう どこにも悪い所が無い健康な方の笑顔はとても素敵です。
つくり笑顔では眼が笑っていません。
私たちは眼まで微笑む笑顔、真の健康になる為のお手伝いをさせて頂いてます。

佐怒賀 章

私は10代の頃、力仕事をしていました。その為か慢性腰痛で更にぎっくり腰も年に何度も発症していました。
ペルビックセラピーに出会い骨盤の歪みを改善することが出来ることを知りました。
私の身体が改善されてきたように皆様の身体の不調が良くなるようお手伝いさせて頂きます。